So-net無料ブログ作成
検索選択
プロレス&格闘技 ブログトップ

K-1戦士マイク・ベルナルドの悲報と藤原紀香のコメント [プロレス&格闘技]

K-1創世記のメンバーとして日本で活躍していた元ボクサー、マイク・ベルナルド(本名:マイケル・ショーン・ベルナルド)が急死した。享年42歳。死因は明らかにされていないが、新聞報道などによると、自殺の可能性が高いという。格闘家が自殺するケースは、決して珍しくはない。だけどマイク・ベルナルドは敬虔なクリスチャンということを聞いていたので、今回の自殺報道を聞いて、やるせない悲しみがいっそう増してしまった。
 
マイク・ベルナルド。
そのゴリラのような風貌から想像されるように、ファイトスタイルはブルファイトそのもの。K-1は基本的にキックボクシングが主流だが、その中にあって「キックよりもパンチで相手を仕留めるぜ!」的なファイトスタイルがとっても好きだった。
一方、リングを降りれば敬虔なクリスチャンである彼はとてもシャイで、はにかむ笑顔がチャーミングな人だった。そのギャップがまた、我々ファンを魅了した。
 
残念ながらタイトルは獲れなかったけど、記録よりも記憶に残る選手だった。
96年GP決勝で、アンディ・フグのトルネード・スピンキックを足に受け、苦痛の顔を浮かべるベルナルドの姿が今も忘れられない。前へ前へと打って出る彼のファイトスタイルに、観客は大いに興奮させられた。
 
関係者の話によると、ベルナルドは過去にも自殺未遂を何度か繰り返していたという。
彼にどんな悩みがあったのか、オイラなどには到底わからないことだけど、オイラのみならず男性なら憧れの対象である格闘家が自殺すると、とっても切ない気持ちになってしまう。ベルナルドにも自分自身の弱い心に打ち負けないで欲しかった。人生というリングの中でもブルファイトでいて欲しかった。
 
今はただ、彼の冥福を静かに祈りたい。
 
 
    ありがとう、そしてさようなら、マイク・ベルナルド
      マイク・ベルナルド.jpg
  
 

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

ショック...WWEのクリス・ベノワが亡くなった... [プロレス&格闘技]

WWEのスーパースターで、現ECW所属だったプロレスラー、クリス・ベノワが亡くなった。享年40歳...あまりにも若すぎる死。報道によれば、ジョージア州アトランタの自宅で妻子とともに亡くなっているのが発見されたそうだ。地元警察からの正式なコメントが出ていないので、はっきりした事はわからないが、一家心中の可能性が高いらしい。
...彼の身にいったい何があったのだろう...?。

  
クリス・ベノワ(本名:クリストファー・マイケル・ベノワ)は、1967年カナダのモントリオール生まれ。
ダイナマイト・キッドに憧れた彼は85年にカナダでプロレスデビュー。バッド・ニュース・アレンの薦めで86年に初来日し、新日本道場の訓練生となる。87年に新日本プロレスにて日本デビュー。90年には覆面レスラー、ペガサス・キッドとして第12代IWGPジュニア王座を獲得。93年には素顔に戻りワイルドペガサスの名で活躍した。
95年より活躍の場をアメリカに移し、プロレス団体ECWへ入団の後、96年にはWCWへ移籍。2000年にはメジャープロレス団体WWF(現WWE)へ電撃移籍した。もともと派手なタイプのレスラーではなかった彼だが、渋いレスリングスタイルが玄人好みのファンに受け入れられ、人気も急上昇。クリップラー(壊し屋・破壊者の意)の愛称で親しまれる(ECW時代、対戦相手の首をへし折ったため、このあだ名で呼ばれた)。
長年のレスラー生活による首の負傷のため一時期戦線を離脱したが、その後見事に復帰を果たし、2004年にはレッスルマニア20に於いて、トリプルH、ショーン・マイケルズらとの三つ巴戦を制し、念願の世界ヘビー級王者のタイトルを手にした。チャンピオンベルトを手にリング上で喜びの涙を流したのは記憶に新しいところだ。
個人的には対カート・アングルとの金網マッチが印象深い。あれはWWE史上歴史に残る壮絶な試合だった...。
 
日本でのレスラー生活があるせいか、WWE日本公演の際もひと際ファンからの声援が多かったクリス・ベノワ。日本公演で初めて本物の彼の姿を見た時の感動は今も忘れられない。たくさんのフラッシュが瞬く中、コーナーポストからのダイビングヘッドバットを決めた彼...かっこ良かった。空中に舞う彼の姿は、ある種幻想的でもありました。
 
 
今回、彼の死去のニュースには本当に驚かされました。2005年に急逝した盟友エディ・ゲレロに続き、彼までもが40歳という若さでこの世を去ってしまった....本当に残念です。
一部報道で言われている“一家心中”が事実とするならば、それはとっても不幸で悲しい出来事だけど、今はただ彼やご家族の方のご冥福をお祈りするだけです...。
 
さようなら、クリス・ベノワ。
オイラはあなたというプロレスラーがいた事を一生忘れないよ...ありがとう!。
 
 
 
 
在りし日のクリス・ベノワを偲んで...
 
...REST IN PIECE!


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

武田幸三VSマイク・ザンビディス [プロレス&格闘技]

テレビで、K-1 MAXを見た。
武田幸三対マイク・ザンビディス戦は、久しぶりに見応えのある試合だった。ザンビディスの放つ強烈なボディ攻撃が的確に武田選手の脇腹へとヒットする!。フェイント攻撃を顔面に喰らい、一度はダウンを喫した武田選手だったけど、決して心は折れていなかった。武田選手の放つローキックもザンビディスに確実にダメージを与えていたが、ダウンを奪うまでは至らず、結果、大差での判定負けとなってしまった。
  
なかなか勝ち星にありつけない武田選手。年齢的には格闘家としてのピークは確かにすぎたかもしれないけど、あくまでも現役にこだわる武田選手の姿勢に尊敬の念を禁じ得ません。これからも頑張って欲しいな。
もちろん、マイク・ザンビディス選手も素晴らしいファイターなので、これからの活躍に期待大です。
 
 
 
 
ラクガキの中なら、ひ弱なオイラもファイターに変身できるぜ♪

 
 
 
...でも、実際はとても弱い(苦笑)


nice!(3)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

藤原紀香は、K-1の事を“K(ケー)”と呼ぶ [プロレス&格闘技]

久しぶりに興奮しました!、K-1グランプリ・横浜大会。
...と言っても、数試合しか見てないんですけど(マイティ・モーのKOシーンを見逃した!)。
 
ルスラン・カラエスVSバダ・ハリの試合は、壮絶のひと言!..久しぶりに鳥肌の立った試合でした。あれを死闘と言わずしてなんと言う..あれぞ漢(おとこ)の闘い!。
 
...それにひきかえ、武蔵VS藤本祐介の試合のしょっぱいことと言ったら...トホホ。武蔵はなんというか、相変わらずな試合展開。毎度の事だもん、そりゃ角田さんも怒るって!。武蔵選手自体は嫌いじゃないんだけど、彼の試合っていつ見てもちっとも感動しないんだよね。心を揺さぶられるものがない。プロなんだから勝つための試合をするのは理解出来るんだけど、それが判定勝ちのみを狙うような試合ばかり続くと、なんだかさみしい。もちろんそういう展開の試合でも面白い試合はありますけどね。
ひょっとすると、武蔵選手自身はとっても優しい人間なのかもしれませんね。リング上に於いて「殺られる前に殺れ!」的な非情さがない..それはやっぱり格闘家としてはマイナス要因なんじゃないかな..と思います。
 
セーム・シュルトVSレイ・セフォーの試合。個人的にはセフォーに勝ってほしかった。流れは確実にセフォー側だったのに..「一瞬先は闇」それがK-1の世界。カウンターだったとはいえ、あのパンチ一発でKOとは..シュルトの放つパンチの破壊力恐るべし!。あの巨人を倒す格闘家はいったいいつ現れるのか...。
 
 
それにつけても、紀香さんですよ♪。やっぱり藤原紀香は、K-1で解説してる時が一番活き活きしてる。藤原紀香が一番光り輝く時!...それはドラマをやってる時でもなく、レオパレスのCMに出てる時でもなく、ましてや2流芸人との結婚式で十二単を着てる時でもない...K-1で解説してる時の紀香が一番最高!。実況の背後から時折絶妙のタイミングで聞こえてくる紀香の声「WOW!(何故か外人風)」は、もはや達人の域に達したと言っても過言ではないだろう。この辺、小池栄子などはまだまだヒヨッ子レベル。根っからの格闘技好きじゃないと、ああもタイミングよく合いの手は入らない。
そんな紀香姐さんですが、時折アナウンサーから解説を求められるとコメントの中でK-1の事をKと略して言ってた。略すほどの長さじゃないと思うけど(苦笑)、そんなこと紀香さんには関係ないのだ。きっとこの先..姐さんを真似してK-1の事をK(ケー)と宣う連中が増える事でしょう。そして紀香姐さんはこう思いながら悦に浸るのだ「..これを言い始めたのは、ワタシよ!」と。
 
紀香姐さんのK-1に於ける地位は...安泰だ!。
 
 

この巨人(シュルト)を倒すのは、果たして誰だ!?


nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

柔道会場の“ブーイング”に思う... [プロレス&格闘技]

柔道ワールドカップを見てて思ったんですが...
時折会場の観客席から発せられるブーイングに、すごく違和感を感じる。海外での大会では普通のことのように発せられるブーイング...でもそれって柔道の会場にはしっくりこない。武道とは礼に始まり、礼に終わる...その心得は見てる側にも求められるハズ...もっと見る側も行儀よく見ろよ..って思うのはオイラが日本人だから?。もっとも今や日本人選手の中にも礼儀を軽んじてる選手もちらほらいるみたい...。
外国の地で開催される柔道(オリンピックとか)を見ながらつくづく思うのは、日本の国技であり武道だった柔道は、今や単なるスポーツとしての“JUDO”になってしまったんだなあ..という事。確かに柔道は世界的にメジャーな競技になったけど、それと引き換えに何かしら言葉には出来ない大切なモノも失ったような気がします。
 
 
 「礼に始まり、礼に終われよ、コノヤロー!」

 
それにしても、試合中に叫んでる斉藤コーチはうるさいなあ(苦笑)
「前に出るんだよ、前に! 何やってんだよ、そうじゃないだろう! 積極的に行け! なんでそんな余計な事をするんだ! ダメだよ、それじゃ!!(以下、前に戻る)」
オイラが選手だったらあんなガミガミ怒鳴られながら試合なんてしたくないね。
...あれって選手にとってプラスな事なの?
 


nice!(2)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

未来 1982〜2005 [プロレス&格闘技]

あなたがそちらの世界に旅立って、今日で早1年になりますね
 
この1年間、あっという間に過ぎた感じです
 
心の中では、いつでもあなたに会えるけど
 
...ふとした時に、あなたの笑顔が恋しくなります
 
でも...
 
あなたに再び会えるのはきっと、もっと先のこと....
 
それまで頑張って、人生を一生懸命生きたいと思います
 
いつの日か....
 
向こうで会えたときに
 
胸を張って会えるように...たくさんの話が出来るように....
 

 

 
 
 
 
 
 
女子プロレスラー...未来

あなたと出会えて、オイラは本当に幸せでした....ありがとう
 
 
 
............そして、また会おう!!

 
 
 


nice!(1) 
共通テーマ:スポーツ

ガッツ石松氏の新たな“名言”が生まれた日 [プロレス&格闘技]

テレビのワイドショーから電話取材をうけているガッツ石松氏
亀田戦の感想を求められて...
「(亀田の勝利!?)...OK牧場とは言えないな、ありゃ、“OK-NO場”だな!」(OK農場ってこと!?)

この言葉を、亀田親子、協栄ジム、TBSに送りたい....
「あんたら、全員“OK-NO場(OK農場)”だ!!!!」


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

ガンに負けるな!、小橋建太 [プロレス&格闘技]

プロレスリング・ノアの小橋建太選手が右腎臓の腫瘍摘出手術のため無期限の出場停止となりました。朝一でこのニュースをスポーツ紙で知った時、一瞬言葉を失いました。腫瘍は悪性のものである可能性が高いとの事です。
今までも様々なケガ(右ヒザ関節の軟骨骨折、右ヒジ関節尺骨骨折後の変形治癒にともなう手術、左ヒザ前十字じん帯不全損傷)を負いながらも不屈の精神でそれを乗り越えて来た小橋選手。そんな小橋選手がガンなんかに負けるわけがない!。幸いにも今回は早期発見とのことで、今はとにかく手術が無事成功することを祈るのみです。
頑張れ、小橋選手! ガンなんかに負けるな!!!!


nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

PRIDE GP 2006 高坂剛 [プロレス&格闘技]


「負けた試合で完全燃焼はありえない。でも自分は“試合”ではなく“勝負”がしたかった。勝負はきっちり出来たと思う。試合は今回で最後ですけど、自分は一生、格闘家でありたい。強くなることはこれからも続けていきます」
...本日発売の週刊プロレスの記事より抜粋。
殴られても、殴られても、決して相手に背をむけることなく真っ向勝負を挑んでいった高坂選手。最後まで折れることがなかった格闘家としての心...漢(おとこ)の生き様、見させて頂きましたッ!!


nice!(3)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
プロレス&格闘技 ブログトップ