So-net無料ブログ作成
検索選択
まんが ブログトップ

ジョジョが「百人一首」になった!? [まんが]

「ジョジョの奇妙な冒険」を題材にした百人一首が発売されるらしい。
詳しくはコチラ→http://www.carddas.com/jojo100nin
 
バンダイの通販サイトB☆SHOPで完全予約販売とのこと。
第1部〜第3部から抜粋された台詞や印象的な場面を再現しているそうだ。イラストはもちろん原作からの引用なのでファンとしては嬉しい限り。
ジョジョ芸人(知らなかったけどそうらしい...笑)のケンドーコバヤシによる上の句の朗読CDが付属。
  
「...欲しい!、激しく欲しい!!!」
 
けど、今は極貧生活だからなあ...6300円はちと手が出せん..(涙)。
...とか言いながら、買っちゃいそうだけど(^皿^;)
 
 
 
 
 
 
個人的には第4部版も出して欲しいど(^皿^)
オイラは虹村億泰が大好きなのだ♪

「ゲゲ!、幕の内にミルクティー...気持ち悪いど!!(しげちー談)」

The Book―jojo’s bizarre adventure 4th another day

The Book―jojo’s bizarre adventure 4th another day

  • 作者: 乙一
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2007/11/26
  • メディア: 単行本


最近発売された小説版は、面白いのかな...?


nice!(5)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

断ち切らなければならない!...憎しみの連鎖を...〜「プルートウ 003」浦沢直樹 [まんが]

オーストラリアのロナルド・ニュートン=ハワード博士の手によって作られたロボット・エプシロン。その動力源は、光子エネルギーである。
 
まだエプシロンが未登場だった頃、弟と二人で「浦沢版のエプシロンは、きっと女性型だよ!」...なんて話したりしてましたが、いざふたを開けてみるとその姿は中性的な外見で、オイラたち兄弟は見事浦沢先生にしてやられました。連載一話目時のゲジヒト登場時(コイツ、ゲジヒトだったんだあ!!...という驚き)といい、アトムが普通の少年として登場した時(さりげなく髪の毛がはねてるところがニクい!)といい、浦沢先生にはいい意味で期待を裏切られ続けて、オイラは舌を巻くばかりです!。
浦沢版エプシロン...かっこいい!!

  
「私は思うんです。人間とロボットは近づきつつある。近づきすぎると....よくないことが起こる」

「断ち切らなければならない!...憎しみの連鎖を....」


nice!(3)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

ブラックサッド 黒猫の男(早川書房) [まんが]

朝食が胃にもたれる。ときには、そんな朝がある.....
昔の恋の屍を目の前にすればなおさらだ。
.....美しき夢の亡骸
〜「ブラックサッド 黒猫の男」、オープニングのモノローグより

ブラックサッド -黒猫の男-

ブラックサッド -黒猫の男-

  • 作者: フアン・ディアス・カナレス, フアーノ・ガルニド
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2005/07/21
  • メディア: 大型本


黒猫の探偵・ブラックサッド。彼はトレンチコートを粋に着こなす昔気質の探偵だ。そんな彼のもとに昔の恋人が殺されたとの報せが舞い込む。警察の捜査をよそに単身事件を追い始めたブラックサッド。そして事件の裏に、ある秘密があることを突き止めるのだが...

今回はオイラのお薦めコミックの紹介です。これはフランスで出版された劇画コミックの翻訳版なのですが、登場人物が全て動物で擬人化されているという大変ユニークな作品です。作画を担当しているフアーノ・ガルニドはディズニーのアニメーションスタジオ出身の実力派。オイラは彼の描く画力の凄さに圧倒されてしまいました。こんな衝撃は大友克洋先生以来ですね。この作品はコミックというよりもはやアートに近い..オイラはそんな風に思っています。今では小説の中でしか見られなくなったハードボイルドの世界を是非このコミックで堪能して下さい。


nice!(6)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

ヘルボーイ:人外魔境 [まんが]

ヘルボーイ:人外魔境

ヘルボーイ:人外魔境

  • 作者: マイク・ミニョーラ
  • 出版社/メーカー: ジャイブ
  • 発売日: 2006/05/12
  • メディア: コミック


うおおおおおおおお!!!
ぼーーーーっとしてたら、いつのまにかヘルボーイの新作が発売されてるじゃないですか!。危うく買い逃すところだった。早速本屋にダッシュして買ってきました、「ヘルボーイ:人外魔境」。相変わらずマイク・ミニョーラ先生の圧倒的画力に惚れ惚れしとるわけですが、思えばこの独特のタッチも連載開始当初よりだいぶ変わってるんスよね。昔は今みたいにナデ肩じゃなくてもっとモリモリしてたしね。さてさて、今回も巻末にデッサンやらペン入れする前の原稿がおまけとして載ってるんですが、これを見るだけでもミニョーラ先生の凄さがわかるってもんです。なんか無駄な線がいっさいないッスよ。ペン入れする前からすでに絵として完成してるんだもん、凄いッス。
インタビュー記事を読むと、これからの展開においてヘルボーイが超常現象調査局に復帰することはなさそうとのこと。ちょっと残念だけど、物語は新たな展開へとまだまだ続きそうなのでこれからも楽しみです。個人的にはオイラの好きなエイブラハム・サピエンとコンビを組んだエピソードをまた読みたいなと。

マイク・ミニョーラ風に自画像を描いてみたよ。


nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

STEEL BALL RUN Vol,8 [まんが]

4thステージ中盤、時間を戻す事のできるスタンド使いに行く手を阻まれたジャイロ達。奇襲を仕掛けるが、返り討ちに遭いジョニィとホット・パンツは瀕死の重傷を負う。残されたジャイロ...今、男と男の闘いが始まる!

ストーリー展開の面白さは相変わらず!。ウルトラジャンプに連載が移ってからは雑誌の方では読んでないので、コミックスで通して読むと面白さもひとしおです。毎回出てくる敵のスタンド使いのデザインが秀逸で魅力的です。今回のスタンド使い、リンゴォ・ロードアゲインの操るスタンド「マンダム」が不気味でイカす!(肩に張り付いてる感じがグッド!)。今回描かれてたテーマ「男の世界」は男ならグッくるはず。もちろん女性も心うたれるものがあるはず!..と、思うんスけどね。
んな訳で、荒木飛呂彦ファンのオイラは、ユニクロとのコラボで製作されたTシャツを早速購入しました!


nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック
まんが ブログトップ