So-net無料ブログ作成
検索選択
映画のキャラクター ブログトップ
前の10件 | -

『スーサイド・スクワッド』版ジョーカーについて、思うこと、感じること [映画のキャラクター]

始まりは、66年TVシリーズでド派手なジョーカーを演じたシーザー・ロメロ。
1989年にティム・バートン監督作『バットマン』で怪演したジャック・ニコルソン。
そのバートン版『バットマン』の影響を強く受けて始まったTVアニメシリーズで、
声優としてこれまたジョーカーを怪演ひたのが、ご存知“ルーク”ことマーク・ハミル。
2008年にはクリストファー・ノーラン監督作『ダークナイト』で、これまでの概念を覆したジョーカー像を披露して、文字通り伝説となったヒース・レージャー。
これまで、様々な俳優たちがジョーカーを演じてきましたが、今回新たにジョーカーを演じることになったのが、若手注目株のジャレッド・レトです。
凶悪な悪党たちが結集して地球規模の危機を救う『スーサイド・スクワッド』で、
ジャレッド・レトは新たなジョーカー像を披露しています。
果たしてその出来はどうだったのでしょうか?
 
【奇抜なド派手ファッション!】
映画公開前からファンの間で話題となっていたのが、その奇抜なビジュアルです。
これまで演じられてきたジョーカーが地味に見えるほど、レト版ジョーカーはものすごく派手な容姿をしています。黒人のように金ピカのアクセサリーで着飾り、シックなタキシードを着たかと思えば、素肌に紫色のコート&半ズボン&スニーカーという、およそ素人には真似が出来ない“俺ジナル”なファッションスタイルを決め、我々ファンのド肝を抜きます。
更に派手な衣装だけでなく、全身に様々なタトゥー(刺青)を施した姿も印象的です。
額に彫られた“Damaged(ポンコツ)”で自分を卑下したかと思えば、お腹にはデカデと“JOKER”と謳い、自己主張マックスぶりを披露。左手の甲には“笑った口”が彫られており、それで口を覆うと笑った顔になるという、非常に回りくどい演出を自慢げに披露します(普通に笑えばいいのに....汗)。
更に左腕には“ロビン殺害”を象徴するようなタトゥーを彫っていて、まるで手柄を自慢する小物チンピラのような姿に、ジョーカーファンとしてちょっと切なくなりました(T〜T)。
 
まあ、そんな奇抜なヴィジュアルは意外性に富んでいて、なかなか魅力的でした♪
しかし、レト版ジョーカーはそのキャラクター像に大いに問題があったのです。
 
 
【ジョーカーが、ビジネス(商売)に夢中!?】
『スーサイド・スクワッド』でのジョーカーは、裏社会に君臨する悪党として描かれています。ジョーカーは高級クラブを経営しており、ハーレイ・クインもそこで踊り子として働いています。
....いや、でもちょっと待って!!
それをやってるのは、ジョーカーでなく、ペンギン(オズワルド・コブルポッド)でしょ!
ゴッサムシティに於いて、裏稼業に君臨し、金を荒稼ぎをしている悪党と言えば、それはジョーカーでなくペンギンの役どころ。更に言えば、ペンギンとは別に様々なマフィア連中が裏稼業に存在していて、その覇権を皆で争っているのです。
そもそもジョーカーは、お金に関して無頓着で一切興味も感心もありません。
だから彼がビジネス(商売)に手を出すはずもないのです。
ジョーカーにとって一番の感心事は、人々を笑わせることであり、その最終目的はバットマンを笑わせること。そのために金が必要ならば強盗するし、殺人も平気で犯しますが、それはあくまで過程のことで、重要なのは“笑いを起こす”ことなのです。
 
まあ、アメコミを実写映画化するにあたり、何も原作コミックスの設定そのままでやる必要はないし、多少のアレンジはあって然るべきだと思います。実際、ジャック・ニコルソン版もヒース・レジャー版も、原作のジョーカーとは微妙に設定が違っていました。だから、今作でジョーカーが悪党ビジネスに手を染めているという設定も、それはそれでOKと感じていました。
....が、次の設定はさすがにオイラも我慢&納得が出来ませんでした。
 
【ジョーカーが恋に夢中?....それは絶対あり得ないッ!!!】
『スーサイド・スクワッド』では、初めてハーレイ・クインが実写登場します。
演じるマーゴット・ロビーが非常に魅力的で、チャーミングなハーレイを演じていました。
精神病院アーカム・アサイラムで医師として働いていたハーリーン・クインゼル博士が、何故ハーレイ・クインとなってしまったのか?、その顛末を描く過程でジョーカーが登場します。ジョーカーはクインゼル博士を洗脳すると、供に刑務所から脱獄、しばらくは一緒に生活していましたが、バットマンによってハーレイのみが捕まり、彼女はベル・レーヴ刑務所に収監されることに....。ジョーカーはそんなハーレイ・クインを奪還すべく心血を注ぎますが....
....いや、だからちょっと待って!!!!
それじゃあ、まるでジョーカーがハーレイ・クインに惚れてるみたいじゃないかッ!
そう、この作品でジョーカーとハーレイ・クインは、なんと!相思相愛中なのです。
でも「それは違うでしょ!!!!(怒)」って話なのです。
 
お金(ビジネス)の話と重複しますが、ジョーカーは“愛”というものに関して一切興味がありませんし、信用も信頼もしていません。そもそも、ジョーカーの心の中には愛という概念自体が存在しません。
ジョーカー以外の悪党(ヴィラン)たちは、それぞれが何らかの愛を自分の中に持っています。しかしながら、ジョーカーにはそれが全くありません。敢えてあるとすれば、それは笑いに対する愛であり、バットマンに対しての偏愛だけなのです。だからこそ、ジョーカーは恐いし、そこが他のヴィランとは一線を画す重要な部分なのです。
ハーレイ・クインがジョーカーを愛する一方で、ジョーカーがハーレイ・クインを愛することは決してありません。だからこそ彼女の心が満たされることは永遠にないし、成就することのない恋は切ない訳です。彼女にとってのバットマンは、愛するジョーカーの宿敵であり、同時に最愛の人の心を満たして止まない恋敵でもあるのです。
 
映画の中で、ハーレイ・クインが幻を見る場面があります。
そこでハーレイは、ジョーカーとの平凡な結婚生活を夢想しています。
これは原作コミック『MAD LOVE』の中で描かれる場面と同じですが、決定的に違うところがあります。それは、原作でのハーレイ・クインは、ジョーカーに対して片思い中であることに対して、映画の中での二人はいびつな形ではあるにせよ、相思相愛中だという点です。
だとするならば、彼女の見る理想の夢には、あまり意味がありません。
 
 
ジョーカーの魅力とは、何なのでしょうか....?
人を殺すか殺さないか?は、その時の気まぐれだし、喜怒哀楽がコロコロ変わる、とらえどころのない感情は、恐怖そのものです。本作でジャレット・レトは、そうした恐怖の部分を見事に表現していました。役作りでロシアの連続殺人鬼に会ったそうですが、そうしたことが演技に活かされていたのかもしれません。
しかし「最高に恐かったのか?」と問われれば、その答えは「NO!」です。
ビジネスに手を染め、愛に飢えたジョーカーの姿は、ものすごく普通でした。
確かに凶悪ではあるけれど、ものすごく普通の悪党。
普通ということは、それは=“ジョーカー”じゃないってことです。
恋愛に浮かれているジョーカーの姿なんて、オイラは見たくなかったですよ....トホホ
 
 
  SS版ジョーカーは、まさか!?の勝又州和スタイル!
  ジョーカー(SS版).jpg
 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

イゴン・スペングラー博士(ハロルド・ライミス)〜映画『ゴーストバスターズ』より [映画のキャラクター]

 
    ゴーストバスターズ祭り〜第3弾!(^皿^)/
 
  第3弾は、電卓が必需品の科学オタク、イゴン・スペングラー博士です♪
 
 
  『イオン測定器の反応は安定してる、これなら捕獲出来る』
    ハロルド・ライミス.jpg 
 
ちょっと恥ずかしい話を告白.....
実はオイラ、20代の頃、ハロルド・ライミス演じるイゴン・スペングラー博士に憧れて、丸眼鏡をしてました(苦笑)。でも、鼻が高いハロルド・ライミスと違い、だんご鼻であるオイラが丸眼鏡をかけると、パーティーグッズの鼻メガネみたいになってしまうのでありました(^皿^;)>..ギャフン!。
 
俳優のみならず、脚本家、そして映画監督としての顔もあったハロルド・ライミス。
『ゴーストバスターズ』から数年後、ビル・マーレーを主役にしたSFラブコメディの傑作『恋はデジャ・ヴ』を世に送り出します。ビル・マーレーの個性的なキャラクターが存分に活かされた秀作で、オイラも大好きな映画です。
でも、天国に行くのがちょっと早かったなあ、ハロルド・ライミス。
彼には、もっともっと映画を撮って欲しかったし、役者としての顔も見たかった。
これまでの感謝を込めて、上記イラストを天国のハロルド・ライミスに贈ります。
 

恋はデジャ・ブ [SPE BEST] [Blu-ray]

恋はデジャ・ブ [SPE BEST] [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
  • メディア: Blu-ray



ゴーストバスターズ ヒストリー&メイキングブック

ゴーストバスターズ ヒストリー&メイキングブック

  • 作者: ダニエル ウォレス
  • 出版社/メーカー: 玄光社
  • 発売日: 2016/08/03
  • メディア: 単行本



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

レイモンド・スタンツ博士(ダン・エイクロイド)〜映画『ゴーストバスターズ』より [映画のキャラクター]

 
    ゴーストバスターズ祭り〜第2弾!(^皿^)/
 
 第2弾は科学者なのに幽霊オタクでもある、レイモンド・スタンツ博士です♪
 
 
「コイツは有形霊体の一種で、分類第5級=浮遊性気体ファントム....かなりのワルだよ」
    ダン・エイクロイド.jpg
 
トボけた表情をさせたら世界一のダン・エイクロイド
でも、本作では脚本も出掛ける才人でもあります。
映画冒頭、図書館で幽霊に遭遇した際、「まず誰かが接触しなきゃ....」と言いながらビル・マーレーの方をそっと向く時の表情がたまりません。ホテルでスライマーと遭遇した時、タバコをくちびるにくっつけたまま口をあんぐりさせる名人芸!、そしてクライマックス、マシュマロンを思い浮かべてしまった時の、バツの悪そうな八の字眉毛表情の素晴らしさ!....
30年経った今も、彼には大笑いさせられます♪
 




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ピーター・ベンクマン博士(ビル・マーレー)〜映画『ゴーストバスターズ』より [映画のキャラクター]

 
      ゴーストバスターズ祭り、開催!!(^皿^)/ 
 
【この夏、幽霊退治が再び幕を開ける!】 
映画『ゴーストバスターズ』公開から32年....
2016年の今年、遂に待望のシリーズ最新作が劇場公開されます!
今回の新作は、残念ながらファンは待ち望んでいた「3」ではありませんでしたが、
昨今の流行りである“リブート(再起動)物”として見事復活を遂げました。
しかも、メインキャラクターを男性→女性へと入れ替えるという、まさかの試み!
果たして、その大胆な試みが吉と出るか凶と出るか?、今から非常に楽しみです♪
19日(金)には、久しぶりに1984年版『ゴーストバスターズ』が地上波テレビ放送されるなど、盛り上がりを見せ始めているゴーストバスターズ熱。
 
という訳で、『ゴーストバスターズ』大ファンのオイラもこの熱を盛り上げるべく、
本日より“ゴーストバスターズ祭り”を勝手に(笑)開催致します!
トップを飾るのは勿論この人!、ピーター・ベンクマン博士こと、ビル・マーレーです♪
 
 
    『来た!、見た!!、勝った!!!』
    ビル・マーレイ.jpg
 
ビル・マーレーを描いてたつもりだったのに、気がつけば蟹江敬三になっていた...





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

コロッサス(声:ステファン・カビチッチ)〜映画『デッドプール』より [映画のキャラクター]


 【コロッサス/COLOSSUS】
 本名:ピーター(ピョートル)・ラスプーチン
 全身を鋼鉄化させる能力を持つ、ロシア出身のミュータント
 
過去の『X-MEN』シリーズにも、ちらっと出ていたコロッサスが、
満を持して『デッドプール』に登場&活躍を見せています♪
X-MENシリーズ版コロッサス(ダニエル・クドモア)は、通常時は人間の姿をしていて、いざと言うときに全身を鋼鉄化させるミュータントでした。その外見はまんま『ターミネーター2』のT-1000状態でしたが、今回のデッドプール版コロッサスは最初から金属化したメタリックな姿で登場します。実はこれが一番コミックスのイメージに近いビジュアルで、ボディにじゃばら状の線(ライン)もちゃんと入っています。
ねじり鉢巻きが似合いそうな、角刈りも素敵です♪(^皿^)
 
今回、コロッサスは新人ミュータントであるネガソニック・ティーンエイジ・ウォーヘッドの教育係を担当しています。また、同時にデッドプールをX-MENに加入させたいと思っている役どころでもあります。なぜ、コロッサスが平気で殺人を犯すデッドプールをX-MENに加入させたいと願っているのか?、その詳細は映画の中では詳しく語られませんが、続編ではそのあたりの背景を描いて欲しいところです。
 
見た目通り、その性格もチョー堅物で真面目なコロッサス。
そんなコロッサスとデッドプールの掛け合いは、漫才みたいで可笑しかったです♪
敵のエンジェル・ダストとの戦いの際、彼女の衣服が破れ、おっぱいポロリ♪の場面では照れてみたり、目の前で頭を撃ち抜かれた人間を見て、思わずゲロを吐くなど、中身は意外と普通な人間だった点もギャップがあって、笑えました。
 
 
   『デッドプールのヤツ、また騒動を起こしてるな?』
  コロッサス.jpg
 

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

さよなら、ハンス・グルーバー [映画のキャラクター]

 
      アラン・リックマンの事が、大好きでした
 
      その風貌、渋い声、卓越された演技、
 
      数多くの作品で、私はあなたに魅了されました
 
      本当にありがとう そして、さようなら
 
      天国でどうか安らかに....
 
 
    
    我々に勝てると思っているのかね?、Mr.カウボーイ
     ハンス・グルーバー.jpg



ロビン・フッド [Blu-ray]

ロビン・フッド [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • メディア: Blu-ray


ギャラクシー★クエスト [DVD]

ギャラクシー★クエスト [DVD]

  • 出版社/メーカー: パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
  • メディア: DVD


ヴェルサイユの宮廷庭師 [DVD]

ヴェルサイユの宮廷庭師 [DVD]

  • 出版社/メーカー: KADOKAWA / 角川書店
  • メディア: DVD


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ルーク・スカイウォーカー(マーク・ハミル)〜映画『スター・ウォーズ』より [映画のキャラクター]

 
          僕も、惑星オルデラーンに行きます
     そして、父のような“ジェダイの騎士”になってみせる
      ルーク.jpg
 

コレ、欲しいなあ...(^皿^)♪
 

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ビリー・バレンタイン(エディ・マーフィー)〜映画『大逆転』より [映画のキャラクター]

 
      葉巻、もらってもいいかい?
      エディ・マーフィ.jpg
 

大逆転 [DVD]

大逆転 [DVD]

  • 出版社/メーカー: パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン
  • メディア: DVD
年末に見たくなる映画シリーズ〜その1
富山敬&広川太一郎バージョン、下条アトム&安原義人バージョン、どちらも面白い♪
山寺宏一&牛山茂バージョンはまだ未見なので、一度見てみたいな(^皿^)
 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ドライバー(ライアン・ゴズリング)〜映画『ドライヴ』より [映画のキャラクター]

今週、テレビ東京「午後のロードショー」にて、映画『ドライヴ』が放送されました♪

ドライヴ [Blu-ray]

ドライヴ [Blu-ray]



こんな名作を平日午後にさらりと流す「午後のロードショー」は、やっぱり侮れません
その一方で、『アナコンダ』シリーズ一挙放送という、ぶれない姿勢も◎(2重丸)
我が道を行く「午後のロードショー」は、孤高の男・ドライバーの姿と重なり、
とてもかっこいいです♪
聞けば『午後のロードショー』は、めでたく放送20年目に突入とのこと、
上京して以来、常にそこには「午後のロードショー」がそばにいてくれました
いち映画ファンとして、「ありがとう!」と言いたいです
 
これからも、『遊星からの物体X』とか『マッドマックス』とか、『13日の金曜日』とか、
キー局の地上波がめっきり放送しなくなった作品を、どんどん放送していって欲しいです
我らが“日常洋画劇場”こと「午後のロードショー」、万歳!(^皿^)/
 
堀越ヨッシーは、これからも「午後のロードショー」を、
変わらず応援していきます!(^皿^)/
 
 
     『5分間だけ、待つ....』
     ドライバー.jpg
     日本語吹き替え版でライアン・ゴズリングを演じるは、内田夕夜さん
     『インセプション』のレオナルド・ディカプリオや、
     『X-MEN ファーストジェネレーション』のジェームズ・マカヴォイなど、
     オイラの大好きな声優さんのお一人です♪
  

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

2015-05-04(スター・ウォーズの日) [映画のキャラクター]

 
  本日は、“みどりの日”ですね
  
  そして、“スター・ウォーズの日”でもあります♪(^皿^)
    
    ダース・モール2.jpg
 

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
前の10件 | - 映画のキャラクター ブログトップ